私が思うにきびと上手く付き合っていくための方法、そして心持ち

私が初めてにきびというものに悩まされたのは中学校2年生の時でした。
思春期真っ只中で、今までそんなに無かったはずのにきびが、急に増え始めたのです。
鏡を見るたびに増えていくにきび。
どうにかできないかと雑誌を見たり、ドラックストアのにきびケア用品を見たり、必死に調べました。
調べていく中で自分なりにわかった事。
それは、基本的な肌の洗顔や、食事、睡眠が大事だと言う事。
同時は洗顔フォームも使わず水かお湯でささっと洗っていましたし、お菓子も沢山食べていました。
夜も遅くまでゲームをしたり、ひたすら肌に良くないことををしていました。
まずはそれを見直すところから始めました。
薬用の洗顔を使い、洗顔後の化粧水。これはマストです。
間食もチョコレートを食べすぎないようにしました。大好きなゲームも控えめに、やれる事はやりました。
もちろん結果がすぐ出ると言うわけでは無かったですが、少しずつ、本当に少しずつ、肌の調子が良くなっていきました。
そして、生活習慣を見直す事で肌だけではなく、生理不順も良くなってきたのです。
にきびのために見直した事が体全体にも良い影響を及ぼしてくれた。にきびを見るたびに悩んでいた頃には考えられない結果がついてきてくれました。
ニキビケアにエクラシャルム
大人になった今でもにきびはなくなりません。
しかし、あの頃と同じように、生活を見直す事で肌にも体にも良い事がある。
それを知る事ができたので、にきびが出てしまった日も考えすぎずに、まずは自分のできる事をしてみる、そういう思考でいられるようになりました。