歯のデンタルインプラント埋入手術では人工歯根を骨に埋め込み定着させる

歯のデンタルインプラント埋入手術では、人工歯根を骨に埋め込み、定着させるので術後の患者さんは、ほとんどが違和感を感じるといわれています。腫れがおさまると違和感は薄れるため腫れているところや縫ったところを舌などで刺激しないようひたすら辛抱が大事です。十日以上経ったときに違和感が変わらない、あるいはさらにおかしく感じる場合や、痛み、腫れ、出血、発熱など他の症状も続く場合、原因を突き止め、治療しなくてはなりません。
我慢しなくて良いので、デンタルドクターの診療を受けましょう。歯科治療の歯のデンタルインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、歯のデンタルインプラント治療は、あごの骨を掘って、インプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。ブリッジ治療とは、欠損した歯の両隣に残った歯を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。審美性を考えた場合、ブリッジよりインプラントの方が優位に立ちます。さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるという辛さもあるのです。
様々な条件によって、歯のデンタルインプラント適用になるとは限らず、レントゲンやCT検査の結果、その先へ進めないこともあります。
ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「あごの骨のサイズが足りず、インプラントを入れられない」であれば決してあきらめる必要はありません。
最新の設備を備え、最新の技術を持ったデンタルドクターがいれば以前なら、歯のデンタルインプラント治療は不可能とされていた症例でも治療ができるようになっています。通える範囲で、できるだけ最先端の治療を提供しているデンタルドクター院を探すことを勧めます。
人工歯としての歯のデンタルインプラントは当然、虫歯にはなりませんが、歯のインプラントの周りが炎症を起こすことがあります。デンタルインプラントを維持するポイントは日頃のケアにあり、維持していくためには、歯科医の指導に従った毎日のケアと、定期検診やクリーニングはずっと続きます。
しかし、歯のデンタルインプラントを入れたところに腫れや出血がみられた場合、それは歯のインプラント周囲炎の可能性があります。
さらに深いところまで感染する可能性もあるため即刻診断を受ける必要があります。
虫歯をひどくしてしまい、結局、歯を抜くことになってしまいました。
このようなケースでは、ブリッジになることが多いようですが、歯医者さんから今後のことを考えてデンタルインプラントをすすめられ、最終的に歯のインプラントを選びました。費用も見積もりを出してもらい、全て自費ですがしっかり噛むためにはデンタルインプラントが良いとのことでした。治療後、噛めるようになると、ほどなく自分の歯と同じように噛めたのでデンタルインプラントが正解だったと思います。
インプラントの定着には長い時間がかかりますが、それが終わっても、その後のケアに手を抜いては意味がありません。せっかく埋め込んだ歯のインプラントを長く維持できるかは、患者さん自身のケアにかかっているのです。
劣化させないための口内ケアを歯医者さんや衛生士さんが教えてくれますから、サボらず毎日のケアを行ってください。
結局、自分の歯は自分で守らなければならないのです。
さらに、インプラントにした部分には当然、自前の神経はないですので、何か異常が起きていても、なかなか自分では気付けないことがあります。自分で気付きづらい分、定期的に歯医者さんで検診を受けるようにしましょう。
混同されることの多い歯のインプラントと差し歯。
何が違うのでしょうか。
読んで字の如く、歯の中に人工歯の土台を差し込むのが差し歯です。歯の上半分だけが無くなった場合に、残った下半分を利用して義歯を付けるものなのです。歯根を含めて歯が無くなってしまったところには、埋め込む所がないので使えません。
対して、インプラントは差し歯と異なり、金属製の歯根を顎の骨に埋め込んで癒着させ、その上に人工歯を装着して固定するというものです。
差し歯と比べて高額なのは悩み所ですが、抜歯などで歯を失っている場合にも利用できるのがデンタルインプラントの強みです。普通、歯のインプラント埋入手術は日帰りです。
部分麻酔を使うため、入院する必要はまずありません。
出血が止まりにくい病気や、循環器系の持病がある場合は、安全を期すため、入院を求められることもあります。
そして、歯のデンタルインプラントを埋入する箇所に、十分な厚さの骨がないと、埋入の前に骨移植が必要になることもあります。
腸骨など自分の骨を削り出し、移植する場合、入院して手術するケースも実際にあります。
もし、自分が該当すると思われるなら治療が他よりも長い期間にわたることを知っておくべきです。
安易に歯のインプラントの手法を始めることはおすすめしません。
ブリッジや入れ歯など、他の治療が困難な患者さんにお薦めします。
クラウンとかブリッジをかぶせる自分の歯がない、入れ歯では噛み心地が満足できない、などのため歯のインプラント治療を選ぶしかない患者さんが多くを占めます。
歯のインプラントと入れ歯との違いが気になるところですが、デンタルインプラントの場合、より自然な噛み心地を得られるためきちんと噛んで食べる感じがあり、食べることが楽しくなります。
人工物である歯のインプラントが虫歯になることはありませんがメンテナンスは自分の歯より楽と考えてはいけません。義歯やアタッチメントの損傷は寿命を縮めますし、食べかすを放置すれば歯茎が細菌感染して当然、歯肉炎や歯周病は起こり得ます。歯のデンタルインプラント以外の自分の歯と同じようにデンタルドクターに指示されたブラシなどがあればそれも使い、毎日のケアで口腔内の清潔を維持してください。
そして、デンタルドクターに指示された間隔で専門的なメンテナンスを受けてください。
技術の進歩した今では、歯科医の技量も上がり、歯のデンタルインプラント手術の失敗はほぼなくなりましたが、確率は低いながら、今でも不具合の起こることはあります。
人工歯根とその上の義歯の接続が不十分で、食べ物を噛む際に義歯がグラつくといった不具合が起こる可能性もあるのです。これは、デンタルインプラント手術の経験が浅い歯科医が担当していることに起因することが多いといえます。デンタルインプラント手術の経験と実績のある歯科を選ぶといいでしょう。
ネットのレビューなども参考になります。
例外はありますが、歯のインプラント治療は普通は保険適用外で、全て自己負担ですが、医療費控除で払ったお金を取り戻すことはできます。
医療費控除は職場の年末控除の対象ではなく、個人で確定申告をして税金の還付を申告します。確定申告で医療費控除を受けたい場合、デンタルドクターを利用したときに必ずもらう領収書がお金を払った証明になるので絶対再発行されないと肝に銘じておき、他の医療費とともに、1年分をもれなく保管してください。
簡単にインプラントとクラウンの違いを述べるなら、自分の歯根によって、あごの骨と結びついているかどうかの問題です。
虫歯などで、歯の損傷が激しくても、歯根部を支えとして残すことができれば冠のような形の義歯をつくり、クラウンをかぶせる治療ができます。
抜歯した場合の選択は、入れ歯以外ですと、失った歯根を補うため、人工歯根を埋入する方法であるデンタルインプラントを用いた治療になります。費用がかかるだけに、歯のインプラントの耐久性が気になります。
実際のところ長期間の使用例が少ないため定説になっていませんが、きちんとメンテナンスを行った場合は本物の歯に匹敵する耐久性があるというケースが増えています。
そうだとすれば、セルフケアとデンタルドクターのケアによって長期間トラブルなく使うことも可能ですが、ケアが十分でなければ歯周病など、異常が起こることがあるということを肝に銘じておくべきです。よく耳にするようになったデンタルインプラントは、どんな治療かというと、歯の土台となるアゴの骨に穴をあけ、「歯のデンタルインプラント体」と呼ばれる人工の歯根を埋め込んで、その上から人工歯を装着する施術です。
入れ歯などの方法と比べると、見た目もキレイですし、食事も格段にしやすくなっています。
歯のデンタルインプラントの施術には、デンタルドクター師に加えて、義歯を作る歯科技工士の熟練の技が必要不可欠と言っても過言ではありません。
それだけの技術が惜しげもなくつぎ込まれた高度な治療法ということです。
いわば「贅沢」な治療といえるので、保険は利かず自由診療となります。
利点も多い歯のインプラントですが、治療を受ける際に多くの方が心配されるのが、術後の腫れではないでしょうか。
それは、治療を行うデンタルドクターの腕や、患者さん自身のコンディションにもよるので、どうなると言い切ることはできず、「やってみなければ分からない」という回答になってしまいます。
担当医の指示通りに痛み止めを服用し、冷やすなどの処置が考えられますが、それを経ても腫れがなかなか引かないという時は、すぐに担当医にかかり、診察を受けてください。他の歯科治療同様、歯のデンタルインプラント治療で大事なのは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。最新の治療を実施できる技術があることは言うまでもなく、埋入手術までの検査、治療、手術後のケアなどでも歯科医がどのような技量を持っているかで差は大きいと断言できます。
インプラントの場合、歯科医による治療成績の差が特に大きい治療法だと考えて欲しいのです。とにかく入念に、歯科医選びをすることがその後の快適なインプラント生活を決めると言って良いでしょう。デンタルインプラント埋入手術の直後、自分の歯がうずく反応もよくあります。
手術で人工歯根が入ったり、術後に腫れたりして他の歯の神経も刺激されて反応したためで、時間が経つにつれておさまってくるケースが多いです。
別の原因が隠れていることもあり得るため、治療中に異変を感じたら放っておかずに歯科医にみせることを忘れないでください。
歯科治療の一環として、歯のインプラントの手法も失敗のリスクをゼロにすることはできません。
治療が失敗すると、人工歯根、もしくは、上部体(義歯)が脱け落ちる、壊れてしまうといった人工歯そのものに関わる失敗、患者の体調、アレルギーなどが原因で、手術したところが腫れる、痛むという身体的問題、さらにあごのラインや歯並びに変化が起きるという外見が損なわれる可能性もあります。
このような危険をできるだけ避けるために、データや口コミを集め、実績のあるデンタルドクターにかかりましょう。一般的な歯のデンタルインプラントの手法は、大きな3つの関門があります。
まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。
それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、三番目として、歯根にアタッチメント(連結部分)をはめ込み、その上から義歯をかぶせて完成というのがだいたいの流れです。
長くかかるのは、二番目の人工歯根の定着で、この間、2ヶ月から6ヶ月、じっくり待っていることが大事です。ですから、インプラント治療全体では要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。
現在では歯のインプラント治療も一般化してきましたが、歯のインプラントを使い始めてから、前よりも口臭が気になるといった変化がたまにあるということです。
歯のデンタルインプラントで見栄えがよくなってもこれでは意味がありません。
この原因としては、歯茎の合間に詰まった食べカスが磨ききれずに残ってしまったり、歯のデンタルインプラント粘膜周囲炎や、それがさらに悪化したインプラント周囲炎になっていることも考えられるので、放置はできません。
そのようなケースでは、放っておかずに診察を受けてください。
歯のインプラントは歯根部がチタン製であることが多く、骨との親和性が高くアレルギーの発症例も少なくなっています。歯のデンタルインプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体の検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて本格的な治療がスタートするので安全性を確認しながら治療を受けられます。
治療が終わったところで、重要なメンテナンスを患者とデンタルドクターが連携して進めていくことで、安全で、快適な使用が続くことを期待できます。入れ歯で食べることに抵抗がある、また、入れ歯にすること自体が嫌だという方にとって歯のデンタルインプラントは最適です。
外科的手術によって人工歯根をあごの骨に埋め込み、さらに上部体という人工歯の部分をかぶせる治療で、ほぼ全て自費診療になるため高くつきますが、入れ歯よりもはるかに自然な見た目で、噛み心地が自分の歯に近く、食べ物も美味しく噛めます。何よりも見た目の自然さや快適な使用感を譲れない方にふさわしい治療です。
デンタルインプラント治療にかかる費用を合計すると標準的な治療で、歯のインプラントを一本入れるのに30万円から40万円かかります。
地域によってかなり料金は異なります。
また、ケースによっては歯科医院の施設や規模を選びますし、歯科医の評判も治療費の総額を決めることになるので、治療の前に費用の総額を調べ、できれば複数のデンタルドクター院を比較して時間をかけて歯科医院を決めた方が絶対に良いです。
ここで重視すべきなのはそのデンタルドクター院でデンタルインプラントを入れた方の評価を参考にしましょう。高い費用も、一括払いには限りません。
分割払いができるところも増えており、クレジットカードが使えるところもあります。
皆さんがインプラントの手法に取りかかる前、治療費が気になるのは当然です。実際のところ、費用の総額は地域や、歯科医によって大きく異なります。
保険適用外がほとんどである歯のインプラントの手法は、金額はデンタルドクター院次第です。大まかな相場はありますので、心配しないでください。
歯のデンタルインプラント一本の場合、安くて30万円ほど、高ければ50万円ほどが一般的です。歯のインプラントの手法は多くのケースでとても有効ですが、当然ながらデメリットもあります。
全ての患者に関わるのは、高額な費用です。
高くついた場合、数十万円にもなることもあり得ます。
あとは、治療が失敗したとき、取り返しがつかない健康被害が起きるという重大な問題もあります。本当に深刻な例では、治療によって死亡したケースもありました。
歯科治療の新たな形として注目されているデンタルインプラント。
その人工歯には、多くの種類がありますが、多くは義歯の表面にセラミックを用いるものです。セラミックの利点は、プラスチックの差し歯よりも硬く、歯磨きで劣化しないことですが、見た目を損なわず、機能面でも優れた人工歯の成形には、なんといっても歯科技工士のスキルによります。綺麗な歯を作るための美的感覚と、それを実現する高い技術を必要とする、高レベルな作業なのです。いわば一点一点がオーダーメイドですから、それだけ、セラミックの歯というものは従来の金歯よりも高額になるのです。忘れてはいけない歯のインプラントのメリットとして治療中でも、治療後もそれとわかることはめったにありません。あごの骨とくっつき、歯茎から生えた人工歯なので、見た目も自然な感じを保てるのでこれは人工歯だと自分から言わない限り、人工歯を入れたと気づかれることはまずないと思って良いでしょう。自然な見た目を重視している場合、優先したい治療方法ですね。デンタルドクターに歯のインプラントの手法をすすめられるケースとしては、失った歯だけの治療で済ませたいという場合があります。ブリッジ治療を例に取ると、両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。歯のデンタルインプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、失った歯を直接再生する治療と言えます。
両隣の歯は健常なので、削りたくないという希望がある方には他の治療法よりもインプラント治療がしっくりくると思います。歯のデンタルインプラント埋入手術は局所麻酔がほとんどなのでどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。
歯のデンタルインプラント埋入手術を受けても、痛さを心配する必要はありません。
手術部位には麻酔をしっかり効かせて手術の本番に入るためです。術後、麻酔が切れてくると、腫れとともに痛みを感じることもあります。
痛み止めは頓服として処方されますので長い間痛みに苦しむことはほとんどないと言えます。