入社しないほうがいい会社の特徴とは何か?考えてみる。

入社しないほうがいい会社
簡単にいえばブラック企業や職場環境が劣悪な会社のことを指します。

では、それらの会社の特徴は何が挙げられるのでしょうか?

分かりやすい特徴が求人情報に記載された内容。
・アットホームな職場
・風通しのよい職場
・フランクに話しやすい職場
・20代若手が活躍するフレッシュな職場

この手の文言“のみ”が記載された求人情報は注意が必要です。
なぜなら、抽象的な表現しか掲載できない会社は具体的な施策がない証拠。

ホワイト企業であれば完全週休二日制、年間休日数○○日以上など。
具体的かつ福利厚生も交えながら記載するのが従業員ファーストの職場といえます。

にもかかわらず抽象的な精神論だけで語る企業は疑ってかかったほうがよいでしょう。

他にも第三者からの口コミ、情報もあなどれません。
元社員の口コミ以上に内情を知る情報は存在しません。

社員の評判が悪ければ会社の評判が悪いに等しいです。
評点も低ければ、何らかの「悪い」理由があるとにらんだほうがよいです。

どうしても入社しないほうがよい会社・ブラック企業に就職したくない方は転職エージェントの利用がおすすめです。

ブラック企業を徹底排除し求人を紹介してくれる転職エージェントも存在するからです。
これから転職活動予定の方、今現在仕事探しの方は、ぜひ参考にしてみてください。