クレジットカードを持つべき話

クレジットカードは持つべきです。
なぜなら単純に得しかないからです。
クレジットカードは使えばポイントが貯まります。
カードによっては、3%以上ものポイント還元の恩恵を受けることが出来ます。
単純に3%以上の割引を常にしているとうことと同義なので、かなりお得であることがわかります。
消費税が8%から10%になって文句がある方も多いと思いますが、その差額以上にクレジットカードはお得なのです。
これってすごいですよね。
しかし、このポイント還元はどこから来るのだろうか。
クレジットカードを導入した店舗が導入する際に、売り上げの数%を手数料としてクレジットカード会社に支払う契約になっているんです。
そしてクレジットカード会社は、その手数料から一部をカードユーザーに還元しているという構図なんですね。
つまりは、店舗側が単純に割引しているという事なんです。
店舗側としても、クレカしか使わないお客さんを取り込めますし、現金を扱う手間がないので、この手数料分を支払ってでも導入したいわけです。
そんな感じで、とにかくクレジットカードは得しかないのです。
そんなクレジットカードですが、ここ最近は審査が厳しいと聞きます。
審査はカード発行した方の状況にもよりますが、状況によってはカードが発行できない場合もあるようです。
具体的には多額の借入があったり、過去に延滞や自己破産などの金融事故を起こしている場合です。
こういった方は、いわゆるブラックリストとう形になりますので、要注意人物だという事です。
クレジットカード発行会社は信用情報取扱機関からブラックリストを確認し、発行の際の審査時に確認することになっていますので、ブラックリストではカードが発行できません。
ただ、こういった方でもクレジットカードを発行できる場合があるようです。
それはデポジット型のクレジットカードです。
詳しくは下記のサイトを参考にしてみてください。
https://www.deai-searchtai.com/
このサイトでは、クレジットカードが作れない方のために、状況別にカードの最適な作り方を紹介しています。
例えば、延滞履歴や消費者金融からの借入など、いわゆるブラックリストという状況でもカードを作る方法を紹介しています。
そこで紹介されているのがデポジット型のクレジットカードです。
デポジト型は、事前に積立金を積むので、延滞リスクなくなります。
その為、誰にでもカード発行が可能という仕組みになっています。
もし、どうしてもカードが作れない方は、参考にしてみましょう。